「ABテスト」ってどうやるの?~サイト改善のための「ABテスト」~

こんにちは、五味です!
今回はECサイト運用を担当されている方に向け、「ABテスト」について書きたいと思います!
「コンバージョン率が下がっている」「ページの直帰率が上がっている」といった現状を改善したい!と考えられている方に、参考にして頂けますと幸いです。

そもそもA/Bテストとは?

Webページの一部分、またはページそのものをAとBの2パターン用意し、どちらの方がより効果の高い結果が得られるかを実験する方法です。
ちなみに、AとBの2種類だけでなく、複数のパターンを組み合わせて行うテストを多変量テストと言います。

どのようなテストをすれば良いの?という疑問が出てくるかと思いますが、テスト内容は、ファーストビューのコピー変更、コンテンツの位置入れ替え、画像の差し替え、導線ボタンの変更、色の変更…などなど、サイトによって様々なのです。
では、どのようにテストを始めればよいのでしょうか?

ABテストを始めるために

ABテストを効果的に実施するため、以下のような順序で始めると良いかと思います。

1.仮説を立てる

ABテストをする前に、最も必要なことが「仮説」をたてることです。
どこが改善するべき個所なのか、どうしたら改善できるのか、考えてみましょう。

数値計測ツールを使い、まずは現状を確認することが必要です。特に「コンバージョンに近い」「アクセス数が多い」ページの数値を確認しましょう。
数値が悪ければ、「なぜ悪いのか?」を考えて仮説を立てます。
ユーザー視点に立って自分で改善点を考える以外に、他人に聞いてみることも効果的です。コストが見合えばユーザビリティテストも◎

2.テストを実行する

仮説を基に検証箇所を選定し、テストを実行します。
この時、連休中や特別な需要がある時期、キャンペーン期間など、結果に影響を及ぼしてしまう時期にテストがかからないよう注意しましょう。

3.結果を検証する

最初に定めた仮説が正しかったのか、間違っていたか、という検証を行います。
検証方法は主に、①数値計測ツールを使い、数値の比較をおこなう ②ヒートマップツール※を使い、サイト内での「クリックの箇所」「スクロール到達率」などを見る、というものが挙げられます。
※ヒートマップツールとは:単一の指標を色の塗り分けで表し、サイト内での「クリックの箇所」「スクロール到達率」などを可視化してくれる分析ツール。

検証の結果、仮説が正しくなかった場合は再考する必要があります。正しかった場合は他に改善できる箇所がないかをチェックしましょう!
そして、仮説をもとにテストの内容を決め、実行 ⇒ 結果を検証 ⇒ 検証内容をもとに再度仮説をたてる ⇒ … ということを繰り返しましょう!

ABテスト実施のポイント

ABテストを行ううえで、気を付けておきたいポイントが主に4点あります。

1.テスト1回につき、検証対象は1つに絞る

1つに絞らないと、ABテストの結果を検証する際にどの要素が効果的であったのか、しっかりした結論が出せなくなってしまう。

2.実施する期間は長くても1ヶ月程度に留める

閲覧したユーザー数が増えるまで、ある程度の期間を確保する必要があります。(※1000ユーザー程度たまれば、偶然性は少なくなると言われています。”カイ二乗検定”で偶然性を算出してみても良いと思います。)
ただし、どれだけ期間を設けても結果が出ない可能性もあります。
1ヶ月程度を目安に検証を切り上げて、次の施策を試しましょう。

3.同時期にテストを行う

指標の値が他の条件(季節などのトレンドや集客対策など)に左右されないよう、同時期に実施して効果を測定しましょう。
※複数URLでテストを行った場合は、終了後にリダイレクトをかけるのを忘れずに。

4.目的とゴールが明確なテスト設計をおこなう

テストを行う際にはその目的とゴールの明確化が必要です。コンバージョン率UPなのか、離脱率の減少なのか…ゴールとなる指標はいくつも存在しますが、ゴールはひとつに絞込み、明確化しましょう。

ABテストのツール

計画も立てた、目的も明確化した…あれ?どうやってテストをしよう?という方のために、いくつかツールをご紹介します。
ここでご紹介しているもの以外にも、

1.数値系解析ツール

・google analytics
恐らく、この記事を読まれている方も使用しているかと思いますので、説明は省きます。数値分析はアナリティクスで十分かと思います。

2.ABテストツール

・optimizely
世界で6,000社が導入しているA/Bテストツール。スタータープランは基本的な機能が備わっているが、無料で使用可能!
タグ内に、発行されるjavascriptコードを埋め込めば準備完了。エディターで画像をいじったり、htmlをいじったり、CSSをいじったりできます。画像やテキストであれば、htmlなどの知識は不要です!
https://www.optimizely.co.jp

・Gyro-n
こちらも発行されるタグを埋め込めば使用可能なツールとなっています。
ユーザー属性別(初回訪問/リピーター)や、流入経路別(リスティング広告・バナー広告など)のテスト、曜日・時間帯を分けたテストが可能です。アクセス回数(imp数)は2000まで無料となっています。
ただ、多変量テストはできないので注意。
https://www.gyro-n.com/ab-test

3.ヒートマップツール

・SiTest
3,000PV/月までなら無料で計測可能です。ヒートマップだけでなく、ABテストやEFOなど様々な機能がついているツールとなっています。
期間を比較して分析できる機能や、ユーザーセグメントを比較した分析機能もあります。
https://sitest.jp

・Ptengine
25,000PV/月までなら無料で計測可能です。※ただし、計測可能なページは1ページのみ。
PC、スマートフォン、タブレットのユーザーの動きを見える化でき、各デバイスに対応したユーザーのタッチ、スクロール到達率などを表示してくれます。
WordPressのプラグインがあるのも嬉しいところ。
https://www.ptengine.jp

【まとめ】
サイト改善のためにやってみたいABテスト。無料ツールなども出ており、容易に行うことが可能になっています。

ただし、闇雲にテストするのでは効果が上がるどころか、むしろ悪化する可能性が大きいです。ABテストをする前にしっかりと「仮説」をたてましょう。

そして、仮説を立てるためには、サイトの現状を把握して課題を見つけることが必要となります。手間がかかるかもしれませんが、まずは「現状の洗い出し」から始めてみましょう!

マーケティング・パートナーでは、サイト制作から運用、物流までをトータル、または部分的にコンサルティングを行い、ご要望・環境に応じたECサイト構築・運用支援を行っています。

ECサイト運用アウトソーシングのご相談など、お気軽にお問い合わせくださいませ!

button_contact